サンマの観察画

社員の方を対象のアートサロンの二回目は、「サンマの観察画」です。
本物のサンマをよ〜く見ながらの制作です。
写真 2(2)
サンマ制作サンマ3
サンマ制作2

オイルパステルの色を重ねることでできた、深みのある色が素敵ですね。
それぞれのサンマに違った表情があり、見ていると愛着がわいてきます。

楽しい作品に仕上がりました。
ありがとうございました!


朝日を描く

大手出版会社の社員の方を対象に、アートサロンを実施しました。
第一回目は、朝日をテーマに描きました。

それぞれの作品から、力強い迫力感、静かな空気感、神秘的な気の流れなどが感じられて、すてきですね!

ありがとうございました。

 


流木のオブジェ

高齢者と大人のクラスでは、流木のオブジェを作りました。

image(1)

どこからか、長い旅をしてきた流木たちが、すてきな色に染まることで、また新しく魅力的に生まれ変わりました!
それぞれが違って、楽しい作品ですね。
ありがとうございました。


元気いっぱい!とうもろこし

7月と8月は高齢者対象と、大人のクラスではとうもろこしをテーマに描きました!

image(6)

八百屋さんでは「白いとうもろこし」を見かけましたが、海外にはもっとカラフルで異様なとうもろこしがあることに、衝撃を受けました!
ポップコーンで食べるとおいしいらしいです。
どんな色になるんでしょうね。
カラフルとうもろこし

 

写真 3写真 4写真 2写真 1

image(4)
image(2)
image(5)

実物のとうもろこしより、いきいきとして、表情が豊かでいいですね!
それぞれの作品から、夏らしい空気感や、パワーが感じられました。
素敵な作品、ありがとうございました!


ほおずきのある団扇

8月は、高齢者と大人のアート教室で、「ほおずき」をテーマにした、団扇を制作しました!
うちわ

参加者のみなさんから、幼少時代のほおずきの遊びを教えてもらいました♪
ほおずきimage(7)
笛のようにブーブーと音を鳴らしたり、水につけて色を抜いて、葉脈だけを残す方法など。
これから実験してみよっと。楽しみだな♪

今回は筆を使わずに、「ドリッピング」というやり方で、絵を描くのが苦手な方でも簡単に取り組むとこができます。

絵の具をたれ流すことでできる偶然の形と、流れる時のスリル感が楽しいので、忘れかけていた子ども時代の“ワクワク感”が甦るようで楽しいです♪
ゲーム感覚で楽しんでいるうちに、あっというまに「枝」の様なおもしろい形のできあがりました。
五色の薄い色紙を重ね合わせて、ほおずきの実を仕上げえると、素敵なうちわの完成です。
うちわ2

うちわ1
うちわ4

高齢者のクラス、大人のクラスでは、それぞれが味わいのある、個性豊かな素敵な作品ができあがりました!
暑中見舞いのように、人に贈るのも喜ばれるかもしれませんね♪
ありがとうございました!


紫陽花を描く

あじさい花 あじさい1

大人の教室と新しく始まった高齢者クラスでは、あじさいをテーマに描きました。
アクリル絵の具を、ペタペタ、トントンとスタンプを押すように描くので、絵を描くのが苦手な方もやりやすい様子でした。
葉っぱやまわりの空気感を和紙で表現することで、味わいのあるあじさいの完成です!

作品を並べると、部屋の中がお花畑みたいで、とても華やかになりました!

あじさい

あじさい2

それぞれが違った、とてもすてきな作品が出来上がりました!
ありがとうございました。


美しい色面のポストカード

大人の教室では、色鉛筆を使った抽象的なポストカードを制作しました。
いろいろな色を重ねることで、繊細な色の変化や、太い線、細い線のタッチで、
さまざまな表現ができることが、楽しいですね。

色鉛筆1
色鉛筆2
色鉛筆3
ぐるぐるとした動き、ギザギザとした形、リズムがあって音楽が流れている様な、心地よさを感じました。
全く違った2つの作品から、元気をもらいました!
ありがとうございました。


梅雨の空

今日の大人のアートクラスでは、「梅雨の空」をテーマに描きました。
梅雨

梅雨の時期の思い出や、雨が降ってくる時の空気やにおいをイメージし、色を選び、表現していきます。

雨の日は嫌いじゃないというSさん。
雨は、浄化されるような気分になるそうです。

雨の曲といえば「雨にぬれても」という曲を思い出しましたが、この曲を聞くと、雨の日でも楽しく過ごせそうな気持ちになりますね♪

梅雨1
Sさんの作品
雨や風のこまやかな線に、雨雲からやがて晴れ間にかわる時に見える、光の色がとてもきれいですね。しとしと降る雨の線もアクセントになって、いい味がでてます。

梅雨2
右上のこの水色の渦が巻いた部分と、混ざり合う赤色が部分が好きです!
雨がやんで、暖かな空気も感じますね。

雨の恵みを感じたり、子どもの頃の事を思い出したり、“雨の日もいいな”と感じさせらる一日でした。

今日もすてきな作品を、ありがとうございました!


モダンな植木鉢

今月は高齢者を対象に、アクリル絵の具を使って、オシャレな植木鉢をつくりました♪
素焼きの鉢は、触るとざらっとしていて、あたたかみがありますね。

今回は、カラフルでモダンな柄の植木鉢に挑戦します!

鉢1
鉢
完成後は、植物を中に入れて、さらに素敵に仕上がりました♪
お花もいきいきとして、嬉しい気持ちになりますね。

それぞれの植木鉢が、もとの素焼きの鉢から、明るく変身しましたね!
丸の形と、カラフルな色の組み合わせで、お部屋に置くと気分も元気になりそうです♪
素敵な作品を、ありがとうございました。


りんごの木をかこう!in嘉麻市

6月1日に嘉麻市の“夢サイトかほ”で行われた、「遠賀川源流の森づくりシンポジウム」の共催企画『もりマルシェ ワークショップ』~木をかこう~に講師として、参加させていただきました。

木をかこう

“突板”という木材に「りんごの量感画」を、子どもから大人まで約20名の方に体験していただきました。
本来は色紙と構成して完成ですが、今回はワークショップでりんごの木をつくるため、りんごのみの制作です。
夢サイトかほ1
りんごの量感画は、5月28日に嘉穂小学校で6年生(62名)にも図工の授業の中でも体験していただきました。
小学校1小学校2
りんごが登場した途端に、「食べた〜い!」「食べれるの〜?」と興味津々です。
6年生ともなると、「上手に描かなきゃ!」という気持ちが強くなるので、そういう事にとらわれずに、解放された気持ちで、楽しく描いてもらえたら嬉しいな、と思います。
image
迫力のあるりんごや、優しい色合いのりんご、みずみずしいりんご、みんなそれぞれが素敵ですね。
嘉穂小学校の校長先生をはじめ、教頭先生、担任の先生方、ご協力いただいた方々、貴重な時間を本当にありがとうございました。
みなさんの作品は、りんごの木として、展示させていただきました。

りんごアップ

cropped-4577fb585dd9821d2a0e4899b4bb80ea1.jpg
木の素材でできた、あたたみのあるりんごの木は、窓の外に広がる自然いっぱいの緑にとけこんで、とても気持ちのよい景色でした。
手前にあるのは、ドコモのCMにもつかわれた「森の木琴」です。
撮影は嘉麻市にある森の中で行われたそうで、奏でる音がとても美しく感じました。

りんごの木は「夢サイトかほ」にてしばらく展示される予定です。