りんごをつくる

小郡市の有料老人ホームにて、臨床美術のセッションを行いました。
今回は、りんごをテーマに、絵を描くのでなく “つくる” ことに挑戦です!

りんごを手に持って、重さやふくらみを感じながら、粘土を盛りつけていきます。
手の力や、視力が弱くなってしまっても、手で感じたりんごの感触を表現することができます。

りんご立体

少しずつ粘土を足して、ゆっくりと成長し、大きくなったりんごは、それぞれが表情豊かで素敵ですね。
りんごのいきいきとした存在感が、よく表現されていていますね。
すてきな作品、ありがとうございました。

春のおとずれ

3月の高齢者施設では、木の芽をテーマに描きました。
春をまちわびていた、冬芽たちはあっというまに葉や花を咲かせて、季節の移ろいを感じさせてくれます。

あまり目立たない冬芽ですが、芽の中に秘めているパワーを感じながら描きました!
わたしたちも手を上にのばして、朝起きた時の「のび」をしてみたりと冬芽の気持ちになりながら、色や線を重ねていきます。

木の芽

それぞれ選んだ色は違いますが、大きな生命力を感じますね!
線の動きや色づかいが素敵で、部屋の壁に飾りたくなる様な、見ごたえのあるが楽しい作品に、仕上がりました。
参加者の皆さん、ありがとうございました。

芸術モード炸裂!(ひもで描く)

高齢者の方を対象に、ひもを使って描いた作品です。
それぞれの個性あふれる、素敵な抽象画の作品が生まれました!

ひも1
Aさんの作品

ひも3
Tさんの作品

ひも2
Iさんの作品

ひも4Uさんの作品

みなさん外国のギャラリーにありそうな、おしゃれな色づかいがきれいですね。
Aさんはご自分の作品に、「100点だ!」と満足そうな笑顔が印象的でした。
そんな風に感じていただけるのが、なによりも嬉しいです。
素敵な作品、ありがとうござしました。

踊る!カレンダー

高齢者の方を対象に、カレンダーをつくりました!
絵の具をたらす事でできる、偶然の形のおもしろいこと!
つつつ。。。と紙の上を流れる絵の具は、スリルを味わいながら、童心にかえったように楽しく描くことができました♪
カレンダー2カレンダー3 カレンダー カレンダー1

作品を並べてみると、それぞれが画面からあふれだすような動きや、リズムがあって、ダンスを踊ったり音楽が流れてきそうな、楽しい雰囲気が感じられます。
参加者のみなさんの笑顔を感じられる、素敵な作品でした。
ありがとうございました。

ひもで描く

ひもをつかって、抽象画に挑戦です!
みなさん絵は苦手という、高齢者の方の作品です。

himo3 himo5 himo1 himo2 himo4

ひものゆるやかな線が、手で描くのと違って新鮮でしたね。
ガーゼに描く色もやさしい色合いで、きれいでした。
ありがとうございました。

カラフルさといも

今週は、高齢者の方と一緒に「里芋」をテーマに絵を描きました。
土を落としてよ〜く観察してみると、模様が顔に見えてきたり、こぶがあったり、見れば見るほど、里芋がとても愛らしく思えてきます。

そこで今回は、色えんぴつを使って、カラフルで楽しい里芋を描いていきます♪

「絵なんて苦手で。。。」と言いながらも、すごい集中力でゴリゴリと描く90代の女性の作品は、本物の里芋より迫力があり、心打つものが感じられました。

imageimage(2)

image(3)