いちごの水彩画

今回は透明水彩絵の具を使って、いちごを描きました。

いちごの種のようなツブツブは、実は果実だった!という事実をどれだけの人が知っているでしょうか?
つぶつぶの中に入っているのが種で、果実のような赤い部分は茎の先がふくらんだものらしいです。
しかもいちごは、野菜の仲間らしいです。びっくりですね!

まずいちごを試食して、口の中にじゅわ〜っと広がる甘酸っぱさを感じました。

いちご
水で濡らした紙に、絵の具をのせていくと、じわ〜っとひろがる色のにじみ具合が、とってもきれいで素敵です!

いちご2

いちご3
いちご1
それぞれが違った、味わいのあるいちごの完成です!
ありがとうございました。

 

抽象画に挑戦!〜アナログフロッタージュ〜

ひもを使った、抽象表現に挑戦です!

今回は、フロッタージュという技法を使って、ガーゼに描く感触や色の混色を楽しんでいきます。

ひもで描いた、のびやかな線が気持ちがいいですね。
偶然の出来上がった、形から生まれる、新しい色や模様によるスパイスで、それぞれが個性の違った、楽しい作品に仕上がりましたね!

言葉では表現できない、ここちよい空間が画面から感じられて、癒される作品に仕上がりましたよ。
それぞれが、とても素敵でした!
ありがとうございました!

アナログフッロッタージュ1
アナログフッロッタージュ2
アナログフッロッタージュ3
フロッタージュ2
フロッタージュ1

大根の貼り絵

大人のアート教室と、シニアの教室では、大根をテーマに和紙で貼り絵の制作をしました。

IMG_2760 IMG_2761

IMG_2769

 

IMG_2768

IMG_2766

本物より、味わい深い表情の大根に仕上がりましたね!
土臭さや、シャキッとした硬さや、つるつるとした質感が感じられたり、和紙で重ねた色づかいが楽しい制作になりました。
ありがとうございました。

土偶をつくる

 

 

 

1月、2月のアート教室では、土粘土を使って土偶をつくりました。

土偶3 土偶1

 

表情が優しかったり、素朴な雰囲気で、癒されますね。
それぞれの土偶には、「願い」を中に入れました。
みなさんの願いが叶いますように。
この土偶たちが見守ってくれていると思うと、心があたたかくなりますね。
素敵な作品を、ありがとうございました。

朝日を描く

1月の一般クラス、シニアの教室では、初日の出のお話をしながら、朝日をテーマに描きました。あさひ3

 

朝日 IMG_2671 IMG_2668 IMG_2667 IMG_2669 IMG_2670 IMG_2665 IMG_2664 IMG_2666

 

 

 

IMG_2661

 

黒い画面から広がる、光の流れや色がそれぞれ違って、素敵な作品が出来上がりました。
穏やかな空気の流れや、迫力のあるオーロラのような力強さなど、いろいろな空からたくさんのパワーが感じられました!
ありがとうございました。

くわいを描く

今年初めの教室では、くわいをテーマに色鉛筆で描きました。
お正月のおせちのお話をしながら、特徴ある形や色を感じながらゆっくりと色の混色を楽しみました。

くわい3 くわい1 くわい2

 

くわいにはない色も積極的に使うことで、色鉛筆でしかだせない繊細な色の変化が加わり、それぞれ素敵な作品に仕上がりました。
ありがとうございました。

クリスマスキャンドル☆

12月のシニア教室、大人のアート教室、ワークショップでは、クリスマスキャンドルホルダーを制作しました。

音楽を聴きながら色を重ね、部屋の電気を消してから火を灯すと、明るい場所では違った表情が楽しむことができました。
きれいなものを見ると、心があたたかくなって癒されますね♪

作品それぞれが違っていて、とても素敵!と毎回感動させられます。
ありがとうございました。

10816226_463858283752945_85741121_n

クリスマスキャンドル2

キャンドル写真(1)

 

 

色のアラベスク

12月のシニア対象のアート教室と、大人のアート教室では、「色のアラベスク」というア抽象画に挑戦です♪

黒のツルツルとした紙に、ゴールド色の絵具をスプーンでたらし、斜めに傾けることでできる、不思議な模様に、色を組み合わせて作品に仕上げます。

絵具をたれ流す場面では、「牛のおっぱいみたい!」「人が走っている」とおもしろい形の発見あり、笑いあり、のにぎやか雰囲気ではじまり、最後は素敵な作品が出来上がりました。
抽象画へのの難しいイメージが少し和らいで、参加者の方の楽しそうな様子、達成感のある表情がなによりも嬉しく、やっててよかった!と感じる瞬間です。
ありがとうございました。

IMG_2628 IMG_2616 IMG_2617 IMG_2633

IMG_2479 IMG_2478 IMG_2476 IMG_2475 IMG_2474

IMG_2480

 

里芋をつくる

高齢者の方を対象に、粘土を使ってを里芋をつくりました。

本物の里芋をじっくりと観察しながら、少しずつ肉づけし表情あふれる里芋が出来上がりました。
里芋の表面の模様や、こぶ、ひげがもじゃもじゃしている素材感が、ぬくもりを感じて愛着がわいてきます。
飾って眺めていると、ほっこりとあたたかい気持ちになってきますね。

里芋

柿のネガポジ画

高齢者の方を対象に柿をモチーフに、作品を制作しました。

今回はネガポジ画といって、対象物のまわりの形に焦点をあてて、描き始めることで脳の切り替えをしながら、形をとらえて描く方法です。
柿ではなく、柿の下に敷いた白い紙を描いていくのです。
浮かび上がってくる柿の形にワクワクしながら、脳の切り替えの感覚も、楽しむことができるので、わたしはこの描き方は好きです。
皮の色にさらに色をかさねると、柿の味が感じられるような、素敵な作品が完成しました!
ありがとうございました。IMG_0406