アトリエゆくい について

アトリエゆくいは、クリニカルアート(臨床美術)の手法をつかった、こどもから高齢者まで楽しめる、絵画・造形教室です。 福岡県近郊を中心に活動しております。

冬芽を観察してみよう!

3月はじめのこどもアート教室では、「木の芽(冬芽)」をテーマに描きました。
__4(1)
Aちゃんの作品

枝と冬芽の緑、水色と背景のピンク色の組み合わせ方がとても綺麗ですね。
背景のうすい緑色が、これから訪れる春の空気を感じさせてくれます。

__3(1)
Mさん(Aちゃんのお母さん)の作品

冬芽のふっくらとした形が、大きなエネルギーを感じさせますね。
きっと、素敵な花や葉が成長していくんだろうなと、わくわくしてきます。

葉が落ちている木を観察すると、いろいろな冬芽を発見することができます。
冬のあいだ、花や葉は、寒さや雪などから身をまもるために、冬芽の中でお休みしているのですね。
きれいな花を咲かせる為、生き抜く知恵としての冬芽の存在が、とても愛おしく感じました。
花が咲くのが、待ち遠しくなりますね♪

素敵な作品ありがとうございました。

 

色との出会い

今回は、育児休暇中の親子を対象に作品をつくりました!
濡らした紙の感触がやわらかく、気持ち良かったのでしょう。
小さなアーティストは、やぶいたり口に入れたりと、かなり楽しんでいる様子で、和やかな雰囲気の中での制作でした。

にじみ絵2

にじみ絵1

にじみ絵3

それぞれ個性の違う雰囲気で、やわらかい色合いがきれいですね。
白の額のマットにいれると、透きとおった気持ちの良い空気が流れているな素敵な作品に仕上がりました。

毎日の育児の中で、こういった作品をつくることで、少しでも気持ちのリフレッシュや、癒しの効果を感じていただけたら、幸いです。
本当にありがとうございました。

ウキウキ☆石のペーパーウエイト

こども教室では、おしゃれな石のペーパーウエイト(文鎮)をつくりました。 「楽しい気分」や「ウキウキした気分」をイメージしながら、色や線などを重ねていくと、石が素敵に変身しました!

 石1石2
Aちゃんの作品
色鮮やかな色と、白を混ぜた明るい色、点の模様がリズム感があって、スキップしたくなるような、楽しい石ですうね♪ 下に組み合わせた台紙の色と形の組み合わせも、石の魅力をさらに引き立てていて、素敵です。

 石3
Mさん(Aちゃんのお母さん)の作品
深い色と、つぶつぶとした形を生かした色の重ね方で、小さな小宇宙を感じさせます。 眺めていると、深海に生息する生物にも見えてきたりと、いろいろな見え方のできる、楽しい石ですね。
小さいながらも、石のもつ大きなエネルギーが、ぎゅっと詰まった神秘的な作品でした。

「楽しい気分」を表現するという、抽象的な描き方でしたが、立体的なものに描くことで、紙とは違うおもしろさも感じてもらえたかな、と思いました。
世界に一つだけの、宝物が出来上がりましたね!
ありがとうございました。

癒しのりんご

新しいアート教室で、大人の方を対象にりんごの量感画を体験していただきました♪

りんご
Sさんの作品
りんごをよ〜く観察して、黄色からの微妙な色の変化を丁寧に表現していました。
りんごの皮の色のグラデーションと、パステルカラーの台紙の色との組み合わせ方が、春を感じさせるような、あたたかい気持ちにさせてくれます。
額に入れると、さらに素敵に仕上がりました☆
やさしい雰囲気のりんごに、癒されました。
ありがとうございました。

芸術モード炸裂!(ひもで描く)

高齢者の方を対象に、ひもを使って描いた作品です。
それぞれの個性あふれる、素敵な抽象画の作品が生まれました!

ひも1
Aさんの作品

ひも3
Tさんの作品

ひも2
Iさんの作品

ひも4Uさんの作品

みなさん外国のギャラリーにありそうな、おしゃれな色づかいがきれいですね。
Aさんはご自分の作品に、「100点だ!」と満足そうな笑顔が印象的でした。
そんな風に感じていただけるのが、なによりも嬉しいです。
素敵な作品、ありがとうござしました。

アジを描く

今日のテーマはなんでしょ〜か?

果物でもない、野菜でもない、、なんと今回は、魚です!
ドドーンと、アジが目の前に現れて、描くとなると、とても難しそうでに感じますが、臨床美術のやり方では、いろいろな画材や描き方の工夫で、“自分らしく楽しく描く”ことができます。
くしゃくしゃに丸めた新聞紙を使って、白のメタリックな絵の具をトントンとのせていくと、アジのおなかのぎらぎらとした質感がでてきました。

アジ1
Aちゃんの作品
赤い色のゼイゴの部分が、アクセントになっていてかっこいいですね。
両方の目の色が違うなど、よく観察して描けましたね!
しっぽまで入りきれなかった、たっぷりとした形が、ゆったりとした時間の流れを感じさせます。

アジ2
Mさん(Aちゃんのお母さん)の作品
ぴゅ〜っと、気持ちよく空を飛んでいるような、楽しいそうなアジですね。
目の赤色や、おなかがの黄色が、とてももおしゃれに感じました。

今回は、本物のアジにはない色を使うことにも挑戦して、楽しい色づかいの作品が完成しました!
素敵な作品、ありがとうございました。

踊る!カレンダー

高齢者の方を対象に、カレンダーをつくりました!
絵の具をたらす事でできる、偶然の形のおもしろいこと!
つつつ。。。と紙の上を流れる絵の具は、スリルを味わいながら、童心にかえったように楽しく描くことができました♪
カレンダー2カレンダー3 カレンダー カレンダー1

作品を並べてみると、それぞれが画面からあふれだすような動きや、リズムがあって、ダンスを踊ったり音楽が流れてきそうな、楽しい雰囲気が感じられます。
参加者のみなさんの笑顔を感じられる、素敵な作品でした。
ありがとうございました。

ブロッコリーは「つぼみ」だった!

image(4)花

いつも食べているブロッコリーの緑の部分は「つぼみ」の部分だという事を、最近知りました。ということは、わたしたちは、たくさんのつぼみの集まりを食べていたのですね。収穫せずに、そのままにしておくと黄色の花が咲くようです。

 

今回はこども教室では、ブロッコリーをテーマに描きました。

私の実家では両親が趣味で野菜を育てているのですが、実家から送られてきたブロッコリーを試食してもらいました。

モコモコ、つぶつぶが特徴的なブロッコリーの部分は、ざらざらとした質感の画材を絵の具に混ぜて、ボリューム感を出すことができました♪

ブロッコリー1image(5)
Aちゃんの作品
画面にはみだすほどの、迫力満点のブロッコリーですね。野菜の採れたてのみずみずしさと、優しい色づかいが素敵です。

ブロッコリー2
Mさん(Aちゃんのお母さん)
ブロッコリーの芯が大好き!というMさんは、完成したブロッコリーの芯もおいしそうです。モコモコした上の部分と、茎のすっきりとした質感の違いが気持ち良いです。

本物のブロッコリーよりおいしそうで、存在感のある魅力的な作品でした!
ありがとうございました。


 

 

ひもで描く

ひもをつかって、抽象画に挑戦です!
みなさん絵は苦手という、高齢者の方の作品です。

himo3 himo5 himo1 himo2 himo4

ひものゆるやかな線が、手で描くのと違って新鮮でしたね。
ガーゼに描く色もやさしい色合いで、きれいでした。
ありがとうございました。

朝日を描く

今年はじめのこどもアート教室では、「朝日」をテーマに描きました。

黒い紙に、色えんぴつの色を重ねることによって、それぞれの「光」がとてもきれいに表現できました。
絵を部屋にも飾れるよう額に入れると、落ち着いた雰囲気のとっても素敵な作品に仕上がりました!
朝日2
Aちゃんの作品
岩山のゴツゴツとした形が、とてもユニーク!山が生きているみたいです。
複雑な形をはさみで切るのを、よくがんばりました!
絵本の物語の世界にいるような、ワクワクした気分にさせてくれました。

朝日1
左がわの空の色、たくさんの色が重なり合って、とてもきれいですね。

朝日
Mさんの作品(Aちゃんのお母さん)

初日の出を感じる、すがすがしい空気を感じさせますね。
眺めていると、元気な気持ちを与えてくれる作品です。

今回は、年の初めに「光」を描くことで、とてもよい一年が始まりそうですね!